FC2ブログ
ブログパーツ

釣りバカ日記

ARTICLE PAGE

豆アジのフッキング

皆さん"こんばんはー♪(o’▽’o)ノ"" "ザルツです。

坊勢でのアジングがようやく出来る様になりましたが、今シーズンは豆アジしか居ません(^_^;)

豆アジではちょっと物足りませんが、ほぼ釣れ続けるので面白いです。

それにしても豆アジって釣るのが難しいんです(_△_;)

そもそもアジングのフッキングは難しいですが、豆アジなら難易度は倍増!?

昨年より遥かに苦しんでいます。

20181116アジ

そんな苦しむ横で楽々釣る人が居るんです(`ω´*)

昨年アジングデビューのともぞーさんです。

私が下手なだけですが50%のフッキング成功率として、ともぞーさんは90%のフッキング成功率です。

フッキングの何が違うって、見た目が全然違うんです。

ともぞーさんのフッキングは手を小さく動かすソフトなフッキング!

私はガシラ仕込み(笑)手を大きく動かすハードなフッキング!

ずっとハードに合わす事で、フッキング成功率が上がると思っていましたが、どうも違う様だ。

結果的にソフトフッキングなともぞーさんの釣るペースに付いていけません( ̄Д ̄;;

流石に考えさせられた(-_-;)

アジングのフッキングについて調べると、ジグヘッドの重さ・ワームの種類・フックのサイズ等々、色々要因は有りますがどれも同じ様な物を使っています。

更に調べると出て来た!!!

サーティーフォー家邊 克己さんの記事を見付けました↓↓

アジング全てに言える事ですが、豆アジの場合は特に大アワセは絶対に禁物でそれをする意味が余りないので小さくなればなる程ラインを張る様にしてアジの重みが乗ればそこから巻くかアワセるかすれば良いです。

それともう一つ気を付けてもらわないといけないのが、小さなアジの場合は、ロッドを立ててアジを取り込んでくるとアジが直ぐに浮き重量がないので水面で回転してしまいフックアウトしてしまいます。

ですから、ロッドを下げてゆっくり巻いてくると豆アジでも水面から出る事はなくそのまま手前に来た時に一気に抜き上げるとバレる事も減り無事取り込む事が出来ます。


私のフッキングは完全に間違っていました(-。-;)

更に取り込み時も基本通りロッドを立ててテンションを緩めない様にしていますが、結局海面から飛び出す事が有ります。

ロッド立て過ぎみたいです。

間違いだらけのアジングをやっていました(笑)

次回は沢山釣れそうな気がします♪












釣り情報はこちらから
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー

0 Comments

Post a comment